人材派遣のデメリット

メリットもあればデメリットも存在するのが当たり前で、人材派遣にもいくつかのデメリットがあります。一番よく言われるのが安定性で、やはり急な解雇もありますしボーナスや昇給・昇格も基本的にはありませんから不安定と考えるのが普通です。不安定だからこそ社会的な責任や信頼性も正社員と比べ低い場合が多く、例えばローンを組んだりクレジットカードを作成したりするときには派遣社員だと審査は厳しくなる事が多いです。収入自体は不景気ですから正社員だからと言っても収入が低い方はかなり多く、短期の収入で比べると派遣社員の方が高収入の場合もありますが社会的信頼性は変わりませんので信頼性が低い事は大きなデメリットとなる事もあるでしょう。その他のデメリットととしては派遣は賃金体形が時給制ですので例えばゴールデンウィークやお盆・正月休みなど長期休暇を挟む場合はどうしても収入が減ってしまう事があります。正社員の様に月給が保証されていたり、有給休暇があるのならば固定で決められた給与を貰う事ができても派遣社員はそうはいきません。体調を崩して休暇を取ってもそのまま収入に影響しますので体調管理には気を付けないといけないでしょう。細かい事まで入れると福利厚生が受けられなかったり交通費も支給されない事もありますので出費は正社員と比べると増える事もあると考えた方が良いと思われます。

Copyright© 派遣会社登録初心者の為の基礎知識指南所 All Rights Reserved.