海外と日本の派遣の環境の違い

日本で法律改正が国会内で求められるときによく海外と比べられる事がありますが、人材派遣も海外では当たり前だから日本も同じようにするべきとして法改正されました。ただ日本が海外を真似をするときは上辺だけ模倣することが多く、派遣の急な解雇はどの国も同じですが例えば国によっては解雇されても1年間は日本で言うところの失業保険がもらえたりするセーフティネットがありますので、解雇されたからと言ってすぐに生活に困る事になる事はありません。日本では雇用保険を支払っていても3カ月間しか貰えませんし、ましてや支給されるまでに3カ月間の期間があるので貯蓄が無い方は解雇されると同時に生活が成り立たなくなる可能性があります。この様に上辺だけ真似る日本の形は人材派遣だけに収まらず一時期話題にもなりましたが、ワークシェアリングも同じです。給与自体は多少減るものの1人仕事量を減らし沢山の人でシェアする事で仕事に就けない方を減らすのに効果的で注目されたのですが、オランダで行われているワークシェアリングは日本では公務員でないと就業することのできない警察の一部の仕事や学校の教師などもシェアリングする事ができるシステムになっていたり、すべての企業の社員が通常の正社員であるかシェアリングワーカーとして働くのかを選択する権利が与えられていたりします。

Copyright© 派遣会社登録初心者の為の基礎知識指南所 All Rights Reserved.